タオ島ダイビング水中生物図鑑 / タオ島ダイビングショップ、アジアダイバーズ

サヨリ・ヨウジウオ・キンメダイ

オオウミウマ●英名:Estuary Seahorse、Kellogg’s Seahorse●学名:Hippocampus kelloggi●分類:ヨウジウオ目 ヨウジウオ科●分布:伊豆半島以南〜インド・太平洋域●生息域:内湾の浅場、潮通しの良い砂地など●体長:〜30cm程度●タオ島周辺で見られるポイント:【Twins】【3Rocks,Pottery】【Aow Luek】などの砂泥底藻場などの近くによくいる吻は太く長く、頭上の冠状突起は明瞭。体輪数は11+34〜37、背ビレ条数は16〜18、胸ビレ条数15〜17。体色は黄〜黒褐色と変化に富み、小黒点や大型の黒色斑が散在することもある。タツノオトシゴと非常に似た様相だが、体輪数や背ビレ条数が、それよりも多いところで識別できるらしい・・・タオ島周辺で「シーホース」と呼ばれるものは、この種。なんともやる気なく、水底に横たわっている姿を見つけた時の、ドキドキ感…☆なんであんなにやる気無いように見えるのか、不思議で仕方ないのです…【Twins】【3Rocks,Pottery】の2ポイントが比較的見つけ易いのでおすすめ♪

この画像を別窓で開く

オオウミウマ

英名:Estuary Seahorse、Kellogg’s Seahorse
学名:Hippocampus kelloggi
分類:ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
分布:伊豆半島以南〜インド・太平洋域
生息域:内湾の浅場、潮通しの良い砂地など
体長:〜30cm程度
タオ島周辺で見られるポイント:
【Twins】【3Rocks,Pottery】【Aow Luek】などの砂泥底
藻場などの近くによくいる

吻は太く長く、頭上の冠状突起は明瞭。
体輪数は11+34〜37、背ビレ条数は16〜18、
胸ビレ条数15〜17。体色は黄〜黒褐色と変化に富み、
小黒点や大型の黒色斑が散在することもある。

タツノオトシゴと非常に似た様相だが、体輪数や背ビレ条数が、
それよりも多いところで識別できるらしい・・・
タオ島周辺で「シーホース」と呼ばれるものは、この種。

なんともやる気なく、水底に横たわっている姿を見つけた時の、
ドキドキ感…☆
なんであんなにやる気無いように見えるのか、不思議で仕方
ないのです…
【Twins】【3Rocks,Pottery】の2ポイントが比較的見つけ易いので
おすすめ♪
posted at 2009-04-03 19:53:33

タオ周辺のダイブサイトではよく見られる種類です。edited at 2010-08-30 13:27:13

NEW ENTRIES

アジ・コバンザメ[10-09-11 18:30]TOTAL:6
アジ・コバンザメ
ベラ・ブダイ[10-09-11 18:29]TOTAL:6
ベラ・ブダイ
ハタ・ハナダイ[10-09-11 18:26]TOTAL:6
ハタ・ハナダイ
ヤッコ / チョウチョウウオ[10-09-10 18:13]TOTAL:6
ヤッコ / チョウチョウウオ
カサゴ・カレイ・ヒラメ[10-09-10 16:24]TOTAL:4
カサゴ・カレイ・ヒラメ

RSS FEED

ABOUT GALLERY

タイ湾に浮かぶタオ島はダイバーに人気の島。なんとタオ島に滞在している旅行者の7割がダイビングをしているという、ダイバーの島です。
タオ島のダイビングインストラクターが、集めたタオ島の魚図鑑です。

WEBMASTER

ぽーねね
職業はフリーのWEBクリエーターで
タイで
活動中
タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ
リンク

Designed by XTREC with GALLERY9 ver:3.12GALLERY9

© タオ島ダイビングショップ、アジアダイバーズ All Rights Reserved.